大分県で緩和ケアのことなら【アルメイダ病院】

患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

緩和ケア病棟

HOME > 緩和ケア病棟

理念

外来

緩和ケア病棟とは

 緩和ケア病棟は、病気そのものを治すことが難しくなった悪性腫瘍の患者さんと、そのご家族のための病棟です。緩和ケア病棟というと、最期の場所、治療せずに死を待つ場所といったイメージをもつ方もいらっしゃると思います。当院の緩和ケア病棟の理念は「あなたらしさを尊重し、生きる今を支えます」としました。ここでは、痛みや吐き気などの身体的苦痛や、精神的なつらさを和らげることで、患者さんやご家族が、いつもと同じような穏やかで、できるだけ普通に近い生活を送ることを大切にしています。そのために、医師や看護師、薬剤師、心理士、栄養士、理学療法士などがそれぞれの専門を生かしながら、その人、その人によって異なる、いろいろな苦痛症状を緩和しています。また、緩和ケア病棟では最後まで入院を続ける必要はなく、苦痛症状が緩和されれば自宅への退院も可能です。もちろん、自宅での生活が困難になった場合は、再度入院もできます。
 当院は、大分県で唯一の緩和医療専門医が常時勤務しており、緩和医療学会認定研修施設、ホスピス緩和ケア協会の質向上の取組に関する認定制度の承認を受けています。

病棟チームスタッフ

医師 看護師 薬剤師 臨床心理士 管理栄養士 ソーシャルワーカー 言語聴覚士 理学療法士 事務 看護補助手 音楽療法士 ボランティア等のスタッフがそれぞれの立場より、穏やかな日々が送れるよう支援します。

受け入れ対象となる患者さん

  • 悪性腫瘍で身体的・精神的な苦痛があり専門的な緩和ケアを必要としている。
  • 現在、積極的ながん治療を行っていない。
  • 患者さんご自身が病名、病状を理解している。
  • 患者さんとご家族が、緩和ケア病棟への入院を希望している。

入院までの流れ

院外からの紹介

  1. 現在治療を受けている担当医師とご相談の上、緩和ケア相談窓口にお電話でご相談ください。
    (代)097-569-3121 (平日8:30〜17:00)
  2. 緩和ケア外来を受診(完全予約制)
    ご本人またはご家族の方に緩和ケア外来を受診していただきます(患者さんご自身が受診できない場合は、ご家族の方が代わりにお見えいただいて構いません)。
    現在治療を受けている担当医師の紹介状(診療情報提供書)を持参してください。
  3. 緩和ケア外来にて診察ののち、入院日を連絡いたします。

院内の紹介

  1. 担当医にご相談ください。

  2. 担当医が緩和ケア内科医師と調整ののち、緩和ケア内科医師が診察に伺います。


見学について

ご希望の方は、緩和ケア相談窓口にお電話でご相談ください。
(代)097-569-3121 (平日8:30〜17:00)

入院費について

健康保険が適用されます。
高額療養費制度がご利用できます。
室料は保険適用外となります。

施設の紹介

・共用の設備としてデイルーム、共用キッチン、家族室、浴室、洗濯室などがあり、患者さんご本人や家族の方に自由に使用していただけます。また、病棟全体が木目調のデザインで家庭的な落ち着いた雰囲気になっています。
・病室はすべて個室になっており、ご家族との大切な時間を過ごしていただけます。


病室(すべて個室です)

(税別)
室数 室料 テレビ 冷蔵庫 トイレ ミニ
キッチン
風呂 その他
1室 15,000円 応接セット
9室 5,000円 リクライニング
チェアー
テーブル
11室 無料 椅子
テーブル
・ご家族のための家族室(2室/トイレ・シャワー付き)があります・・・1500円/1日(税別)
・ご家族への貸し出しベッドを備えています(有料)
・宿泊されるご家族に対して、寝具の貸し出しをしています(有料)

   
屋上庭園   デイルーム   共用キッチン
お花をさわったり日光浴を 楽しんだりできます。   屋上庭園に面した明るい空間で、ご家族や面会の方の団らんに利用できます。
季節の行事なども開催されます。
  デイルームに面したキッチンでは簡単な料理ができます。
         
   
有料個室   差額個室に面した
広いバルコニー
  家族室
    ベッドのまま外に出ることが できます。   ご家族の控室として ご利用いただけます。
         
       
一般個室        

≪写真はクリックすると大きく表示されます≫


音楽療法士の活動

音楽療法をご存知ですか?

音楽には体や心に働きかける様々な効果・効用(リラックス・気分転換・ストレス発散・免疫力アップ・等々)があります。それらの音楽のもたらす力を使っておこなう療法のことです。
週に1回、音楽療法士による“音楽療法で心のケア”をおこなっており、季節の曲や思い出に残る曲などを歌ったり簡単な楽器を使ったりして、みんなで音楽に触れ音楽を楽しんでいます。もちろん歌を聴くだけでも構いませんし、リクエストにもお応えしています。また、希望により個別の音楽療法をすることも可能です。

ボランティアの活動

ボランティアは患者さんを支えるチームケアに欠かせない大切な存在です。患者さんやご家族に寄り添い穏やかな日々を送っていただけるよう、様々な活動によりお手伝いしていただいています。

主な活動内容:話し相手、ボランティア喫茶にてお茶のサービス、庭園や病棟内の植物の手入れ、
楽器演奏など特技を生かした活動、病院スタッフと一緒に病棟での行事の準備や手伝いなど。

緩和ケア病棟ボランティア募集

現在、ボランティアの募集は行っておりません。

診療実績

診療実績(2012年〜2016年度):

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
入院患者数 95 99 134 145 139

原発部位別患者数[単位:名]

(全入院患者数572名中)

治療実績

その他の部位
副腎皮質癌 悪性神経鞘腫 悪性平滑筋肉腫 副腎皮質癌 血管肉腫
後腹膜悪性腫瘍 骨盤内悪性軟部腫瘍 膠芽腫

5周年記念誌

PCU5周年記念誌

※表紙クリックで詳細をご覧になれます

メールフォーム
アクセスマップ