患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

地域周産期母子医療センター

HOME > 地域周産期母子医療センター

地域周産期母子医療センターとは

一口に「病院で産む」と言っても、今はいろいろなレベルがあります。
最も病院らしいのは「周産期センター」でしょう。
正式には「総合周産期母子医療センター」「地域周産期母子医療センター」という名称がつけられています。

産科と新生児科が合体した施設です

周産期母子医療センターの「周産期」とは出産の前後の時期という意味。
産科と新生児科両方の医療が必要になる時期で、周産期センターはそのふたつが組み合わされた施設です。
もちろん、産院で母親と赤ちゃんの両方を診るのは当たり前です。でも、問題が起きてもっと大きな病院へ移るような事態になると、科の違いによる難しさが出てきます。
たとえば、難しい赤ちゃんが診られる病院は小児専門の病院で、産科がなかったりするのです。でも、周産期センターなら、赤ちゃんはお母さんと一緒です。赤ちゃんに問題があってもお腹の中にいるときの監視、出産、産まれてからの治療や手術など全部を同じ施設でできるから安全性も高まります。
また難しい赤ちゃんを妊娠している場合、お腹の中にいる時からその赤ちゃんに起こりうる様々な問題点やその治療法を専門の新生児科医から直接話が聞けるので妊娠中から心の準備が出来ます。

地域全体のためにあります

周産期センターは、そこにかかっている人のためだけにある施設ではありません。
たとえば、県内どこかの産院が「早産しそうなお母さんがいるから送りたい」と言ったらすみやかに受け入れるのが基本的な役目です。
生まれてから赤ちゃんを運ぶことになった時は、医師が同乗しているドクターカーが迎えに行くこともあります。

大分県では

平成17年4月、大分県立病院に総合周産期母子医療センターが設置され稼働しています。アルメイダ病院は平成20年3月に地域周産期母子医療センターの認定を受けています。
他に別府医療センターが平成20年7月に認定を受けています。
平成22年12月には中津市民病院も認定されました。
大分県ではこれらの周産期センターと大分大学が協力をし合い県内全域をカバーできるような体制が整っています。

大分市医師会立アルメイダ病院地域周産期母子医療センター

産科と新生児科は同じフロアーの7階にあります。現在、産科は妊婦さん専用区画16床を含む24床(婦人科小児科を含む)、新生児科はNICU6床、GCU6床を有しており、産婦人科医4名、新生児科医4名で周産期医療を実践しておりしっかりとした連携が取れています。
更に当院救命救急センターとの連携もしっかりしており、母体に生命の危険が及ぶような場合も集中治療が可能です。
また独自の救急車両を保有しており各産院からの出動要請に対応しています。

当院は平成20年3月の新病院移転に伴い、地域周産期母子医療センターに認定されスタッフや機材、運用システムもしっかりと充実しています。

当センターの特徴

開業医院のように豪華な食事やエステサロンはありませんが、医療面でしっかりとサポートし、安全にお産をして頂くお手伝いをすることには自信があります。

当センターの特徴として
  1. NICU(新生児集中治療室)を有しており、早産等で小さく産まれた赤ちゃんや具合の悪い赤ちゃんを集中的に治療できる。
  2. 合併症を持つお母さんに対しても他科との連携により充分な管理が行える。
  3. 当院救命救急部との連携も強く、お母さんに重篤な事態が生じた時も対処が出来る。
  4. 正常産を含むすべての分娩に産科医のみならず、新生児科医も立ち会いを行っている。
  5. 帝王切開は病棟で行っているので慣れ親しんだスタッフの中で手術が受けられる。(お母さんの状態によっては中央手術室で行います。)
  6. 病棟内には妊婦さん専用のセキュリティーゾーンがあり不審者侵入を防いでいる。
  7. すべての妊婦健診は助産師中心で行っており、妊娠、分娩に関する不安の相談をしやすくしており、最後に必ず医師が確認をしている。(助産外来)
  8. 当院では母児同室を採用している。同時に母乳哺育を勧めている。
  9. 産後の母乳、育児に関する悩みを解消するため平日午後に母乳外来をおこなっている。
以上が挙げられます。

言葉の説明

MFICU 母体胎児集中治療室  妊婦さんの集中治療室です。 
NICU 新生児集中治療室  赤ちゃんの集中治療室です。 
GCU 継続保育室  NICUを卒業した赤ちゃんや重症ではないが治療を必要とする赤ちゃんの治療室です。 
センターは、こうした特殊な設備の規模によって、2つに分かれています。
・総合周産期母子医療センター
MFICUが6床以上、NICUが9床以上あり、 それぞれに24時間・365日態勢で産科医と新生児科医が勤務しています。
・地域周産期母子医療センター
総合周産期母子医療センターに近い設備やマンパワーを持っています。
県内にいくつもない総合周産期母子医療センターを助ける存在です。
メールフォーム
アクセスマップ