患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

医学生・臨床研修医向け

心臓血管外科

ごあいさつ

現在では、心臓弁膜症、冠動脈疾患などの外科的手術を行っています。 心臓血管外科としても、循環器内科並びに救急科をはじめ他科と密に連携・協力し診療を行っています。 術後の早期離床を基本方針として治療し、これにより、早期回復、早期退院を実現しております。 他の医療機関で心臓や大動脈の手術を勧められた方も積極的に受け入れて、心臓病治療における地域中核センターの役割を今後も果たしていきたいと思っております。

診療スタッフ

部長 濱本 浩嗣(はまもと ひろつぐ)
略歴 大分医科大学卒《1995年》
University of Pennsylvania Gorman lab 留学
《2004年〜2006年》
主な資格 医学博士
日本外科学会指導医
心臓血管外科学修練指導者・専門医《国際会員》
日本胸部外科学会認定医《正会員》
日本血管外科学会,日本冠動脈外科学会,日本循環器病学会,弁膜症学会
専門
得意分野
成人心臓疾患,弁膜症(特に僧帽弁)
虚血性心疾患
チーム医療で体への負担を少なく、最大限の治療効果を挙げることを目指しています。
役職 名前 主な資格 専門分野 趣味
医員 吉村 健司(よしむら けんし)      

チーム医療について

 当科では、成人の心臓疾患(対象疾患は後述)を中心に外科的治療にあたっています。 現在、ここ大分でも人口の高齢化に伴い循環器疾患は増加の一途をたどっています。 とりわけ虚血性心疾患、大動脈弁狭窄症など弁膜症の患者さんが目立って増えています。 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)はカテーテル治療(PCI)という選択肢がありますが、カテーテル治療(PCI)ができない病状では心臓のバイパス手術が必要になります。弁膜症もほとんどの症例で、弁形成もしくは弁置換手術が必要となります。それら循環器疾患に対して、循環器内科とともに、一例一例に最良な治療を提供すべく共に意見を出し合い、チームとして治療を行っています。循環器疾患は適切な治療を、適切な時期に行う必要があります。 時機を逸せずに最良な治療を提供するように常に心がけています。
当院には元来血管外科があり、腹部大動脈以下、末梢の血管疾患(腹部大動脈瘤,静脈瘤,閉塞性動脈硬化症など)に関しましては、従来通り血管外科がその治療にあたっています。心臓外科はおおまかに言えば、横隔膜より中枢の心臓と胸部大血管が診療分野となります。 広く成人心臓疾患に対応していきますが、もっとも専門としましては弁膜症、なかでも僧帽弁疾患です。 僧帽弁閉鎖不全症にたいしては、弁形成術を基本としています。また、低侵襲心臓手術(MICS、右小開胸心臓手術)もその経験から適応疾患(僧帽弁閉鎖不全症,ASDなど)にすすめています。右小開胸による心臓手術だけではなく、胸骨を切らない小開胸冠動脈バイパス術(MIDCAB)にPCIを組み合わせて、 Hybrid血行再建など、循環器内科と連携しているからこそできるチーム医療で体への負担を少なく、最大限の治療効果を挙げることを目指しています。 患者さん一人一人の状態に合わせた最適な治療方針を決められるように毎朝、看護師や薬剤部、管理栄養士、リハビリスタッフなどが話し合うなどしており、チームでの対応も力を入れています。医師だけで治療からケア、リハビリまで全てをカバーすることはできません。患者さんを中心にさまざまな職種が意見を出し合い、最適な治療法を選択しています。

取り扱う主な疾患

●心臓弁膜症;大動脈弁疾患、僧帽弁疾患、三尖弁疾患など、 大動脈弁狭窄症にたいしては、弁置換術が必要になることがほとんどです。僧帽弁閉鎖不全症に対しては弁形成術(自己弁温存)を可能な限り行っています。また、弁膜症に合併した心房細動に対する手術(メイズ手術)も積極的に行っています。
・ 図;僧帽弁閉鎖不全症の3Dエコー図、3Dエコーの導入により弁膜症の病状評価が向上して、形成率の向上につながっています。
●虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、および虚血による合併疾患、心室瘤など)
Off pump、On Pumpに拘らず、長期開存する冠動脈バイパスを目指しています。多肢バイパスから、病状によっては一枝バイパス、必要ならそれにカテーテル治療を加えての低侵襲治療も考慮して、侵襲と治療効果のバランスを考えて手術方法を選択しています。
・ 図;冠動脈バイパス手術後 冠動脈CT像。

診療実績

平成26年5月の手術開始〜平成27年10月末まで
冠動脈バイパス術 25例
弁膜症症例 14例
(基部置換2例を含む)
左室形成(心室瘤) 1例
心タンポナーデ 2例
外傷性左室破裂 1例
85%のかたは自宅へ退院しています。年齢は若年者から80代のバイパス手術、弁置換術も手掛けております。高齢だからとあきらめることなくご相談ください。
患者様者向けはこちら医療関係者向けはこちら
メールフォーム
アクセスマップ