患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

医学生・臨床研修医向け

第一循環器内科

臨床研修を希望される方へ

当院は三次救急病院でもあり緊急に対応しなければならない疾患も多数搬送されてきます。特に急性冠症候群、肺塞栓症、大動脈解離等は初期対応が遅れると致命的になる病気であり、将来専門とは関係なく、医師である限り遭遇する可能性があります。救急疾患の診断および初期対応を習得することができます。更に、主な循環器疾患については外来入院を問わず研修可能です。

診療スタッフ

第一循環器内科部長 佐藤 恭一(さとう やすかず)
主な資格 日本循環器学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
心臓リハビリテーション指導士
専門分野  
趣味  

研修期間中に経験できる症例

○急性心筋梗塞・狭心症の診断及び治療
○徐脈性及び致死性不整脈に対する治療
○急性心不全の診断及び治療
○大動脈解離の診断・初期対応
○深部静脈血栓症及び肺塞栓症診断及び治療

症例数・手術症例数(平成24年度実績)

○冠動脈造影数
○冠動脈MSCT数
○経皮的冠動脈形成術
○ペースメーカー植え込み術
○経皮的末梢血管拡張術
○心エコー
○ホルター心電図
924例
354例
439例
50例
39例
2,407例
1,096例
患者様者向けはこちら医療関係者向けはこちら
メールフォーム
アクセスマップ