患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

診療科のご案内

麻酔科

ごあいさつ

さまざまな病気のために患者さんは病院を訪れますが、その中には手術が必要となる患者さんも多く含まれます。
手術が必要となると患者さんのからだはメスでどこかを切られたり、出血したりなどの手術の刺激が病気を治すために身体に加わることになります。麻酔のおかげで患者さんは痛みも感じずに眠っている間に手術を受けることが可能になります。
手術から身体を守るための麻酔に使われる麻酔薬には呼吸から吸入される吸入麻酔薬、点滴で行われる静脈麻酔薬、痛みで身体が動いて手術ができなくなることを防ぐ身体の動きをとめる筋弛緩薬など多くのクスリがあります。
このように意識を無くし、痛みを防ぐ麻酔薬は、それだけでなく脳の働きや、呼吸、心臓などの身体の根本機能も不安定にしてしまいます。当然、安全性がもっとも求められます。
安全に手術がおこなわれるように眠っている患者さんの傍で手術の間、患者さんの心臓の音に耳をすませ、心電図を監視し、呼吸を助け、体温がさがらないように工夫し、適切に麻酔薬の量を調節し見守っているのが麻酔科医の仕事です。
高齢化社会の訪れと共に、手術が必要となる患者さんには肺、心臓、肝臓などさまざまな臓器に障害をもった患者さんも多くなってきています。
また本年4月からは心臓手術も行われるようになりました。これにともない麻酔科専門医、研修医の麻酔科ローテーションも行われ麻酔科スタッフも徐々に増えてきました。
高度で難易度の高い手術は患者さんに長い時間大きな負担がかかることもあります。このような状況でも、高度な手術が患者さんに負担なく行われるように専門性を高めた麻酔科医が手術時の患者さんの安全性を見守っています。

診療スタッフ

副院長
統括麻酔科部長
集中治療部長
岩坂 日出男(いわさか ひでお)
主な資格 医学博士(大分医科大学)
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会麻酔科指導医
日本集中治療医学会専門医
日本静脈経腸栄養学会評議員
日本循環制御医学会評議員
日本臨床ストレス学会評議員
大分臨床栄養研究会代表世話人
Total Nutrition Therapy研修会修了医
日本医師会認定産業医
専門分野  
趣味 中日ドラゴンズと羽生将棋の熱烈的ファン
役職 名前 主な資格 専門分野 趣味
部長 伊藤 大真(いとう たいしん) 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医
ペインクリニック学会専門医
   
副部長 田原 里美(たはら さとみ) 日本麻酔科学会専門医    

診療実績(平成25年1〜12月)

総手術件数
麻酔科管理症例

全身麻酔(吸入麻酔)
全身麻酔(硬膜外麻酔併用)
全身麻酔(全静脈麻酔)
脊椎麻酔
2850例
1248例

996例
215例
22例
15例
医療関係者向けはこちら臨床研修医向けはこちら
メールフォーム
アクセスマップ