患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 患者様向け > 緩和ケア内科
緩和ケア内科

ごあいさつ

 「緩和ケア」という言葉を聞いたことのある方は多いと思います。では、「緩和ケア」にどのようなイメージを持たれているでしょうか。がんの末期にどうしようもなくなった時にはじまる、できたらお世話になりたくないものと思われているのではないでしょうか。
 最近では、がんと診断されたときに、主治医によるがんの治療だけではなく、早期からの緩和ケアを一緒に行った患者さんの方が長生きしたことが報告されています。アルメイダ病院においては、がんを扱っているほとんどの医師は緩和ケアの研修会に参加して基本的な緩和ケアを習得しています。それでも対応が難しい複雑な苦痛については、緩和ケア内科、外科、精神科の医師、看護師、薬剤師、心理士、栄養士など多職種からなる緩和ケアチーム(がんサポートチーム)が対応します。緩和ケアチームは、主治医によるがん治療を継続してもらいながら、患者さんやご家族と相談して、病気や治療の副作用による身体的・精神的な苦痛症状の緩和や、在宅医療や介護保険の導入による自宅退院の準備などの支援を行っています。また、抗がん剤などのがんに対する治療が難しくなった患者さんのために、アルメイダ病院には緩和ケア病棟があります。そこでは、緩和ケア内科の医師が主治医となって入院することにより、更に専門的な緩和ケアを提供しています。
 現在では、新しい抗がん剤が次々に開発され、もしがんになったとしても以前よりも長く普通の生活を続けることができるようになってきています。それでも、どうしても治すことができない病気や、治療に伴う苦痛は常にあります。あなたがそのような苦痛を感じたときに、できるだけ普通の生活が過ごせるように寄り添っていつもそばにいるのが、「緩和ケア」です。アルメイダ病院の緩和ケア内科では、このような専門的な緩和ケアを提供するための診療を行っています。

診療スタッフ

部長 大野 栄治(おおの えいじ)
主な資格 日本緩和医療学会専門医
日本血液学会血液専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
専門分野 緩和ケア内科、血液内科
趣味 自転車、オートバイ

診療実績

平成28年度 緩和ケア病棟では139名の新規入院を受け入れました。
緩和ケアチームは129名に介入を行っています。

緩和ケア内科の受診を希望される場合

緩和ケア内科としては、直接に患者様からの相談は対応していません。現在、おかかりになっている医療機関や主治医の先生とご相談のうえ、アルメイダ病院の医療連携室までご連絡ください。
「緩和ケア病棟」への入院を希望される場合は、「緩和ケア病棟」のページをご覧ください。

受け入れ対象となる患者さん

  • 現在、身体的・精神的な苦痛がある。
  • 悪性腫瘍であること。がんの治療中など、終末期以外でも対象となります。
  • ご自身が病名と病状を理解されていることが望ましいです。
  • 当科へ入院中は抗がん剤治療を行いません。

「緩和ケア病棟」については、「緩和ケア病棟」のページをご覧ください。

お問い合わせ先

アルメイダ病院 代表 097-569-3121
交換手に医療連携室緩和ケアコーディネーターの呼び出しをご指示ください。
医療関係者向けはこちら臨床研修医向けはこちら
メールフォーム
アクセスマップ