患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 患者様向け > 内分泌内科
内分泌内科

ごあいさつ

当科で担当する疾患は以下のとおりです。

1) 糖尿病、肥満症、脂質代謝異常、メタボリック症候群、高尿酸血症などの代謝疾患  
糖尿病に代表されるこれらの代謝疾患は、かなりの重症であっても症状がない場合が多く、つい治療が後回しになってしまいます。しかし長期に治療を怠ると、後から様々な合併症をおこしてしまいます。生活習慣に原因があることが多いのですが、この生活習慣の改善がなかなか難しいのも事実です。
当科ではまず、医師、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師などスタッフが一体となり皆様の生活習慣改善の取り組みをサポートします。同時に、血糖値や、血圧、コレステロール値、尿酸値などの数値異常を改善させるための、個々の患者様に合った適切な薬物療法をご提案します。さらに合併症の検査を各種実施し、その進行に合わせた治療を他科の先生と連携しておこないます。

2) ホルモン分泌臓器に異常を認める疾患
(視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、膵臓、卵巣、睾丸など)  
これら内分泌疾患の多くは、元来見逃されやすい疾患です。はじめ「最近、疲れやすくなったから心臓や肺、胃腸が悪いかも」と思っていても、詳しく検査するとホルモンの病気が見つかることがあります。また、肥満や糖尿病、高血圧患者さんもクッシング症候群や末端肥大症、あるいは原発性アルドステロン症などのホルモンの病気が原因であることもあります。
内分泌疾患の多くは良性の腫瘍であり、外科的・内科的治療で改善が期待できます。診断がつけば脳神経外科や泌尿器科など他科の先生と連係して治療にあたります。

診療スタッフ

部長 葛城 功(かつらぎ いさお)
主な資格 日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
医学博士
Total Nutrition Therapy認定医
大分県医師臨床研修指導医
大分県小児糖尿病サマーキャンプ実行責任者
専門分野 糖尿病
糖尿病性腎症
趣味 読書(推理小説)、競馬、麻雀
役職 名前 主な資格 専門分野 趣味
医員 豊岡 郁子
(とよおか いくこ)
    読書
医員 野口 貴昭
(のぐち たかあき)
     

診療実績

■平成25年1月1日〜平成25年12月31日

【入院患者数】
糖尿病血糖コントロール・糖尿病合併症精査加療目的
1型糖尿病 15名、2型 137名(うち高血糖昏睡 10名)
低血糖 9名、肥満症 12名
副腎・下垂体疾患 2名、甲状腺疾患 6名
電解質異常 8名、その他 15名

【他科入院中 当科管理患者数 】
血糖コントロール 251名
(うちステロイド糖尿病 16名、妊婦高血糖 9名、低血糖 4名)
甲状腺疾患 20名、副腎・下垂体疾患 7名
電解質異常 7名、その他 5名
医療関係者向けはこちら臨床研修医向けはこちら
メールフォーム
アクセスマップ