患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

医療関係者向け

HOME > 診療科のご案内 > 医療関係者向け > 救急・集中治療科
救急・集中治療科
詳しくは救命救急センターページへ

ごあいさつ

救命救急センターの役割は、一般病院では対応することが困難な最重症症例の診療です。その中核をなすのが我々救急科です。重症救急患者を最初に診療し、診断結果により適切な診療科に引き継ぐとともに、多発外傷等の複数の診療科にわたる症例では主治医となり、各診療科と協力して診療にあたります。重症敗血症、環境障害(熱中症、低体温症)、中毒等で集中治療が必要な症例では、当科で診療いたします。また3次救急医療だけでなく、1、2次救急医療にも対応しております。救急患者様が発生した場合は是非当科にご相談ください(救急診療を行う関係上、慢性疾患の治療(急性増悪を除く)、治療の見込みのない患者様や積極的な治療を希望されない患者様の受け入れはできませんのでご了承ください)。
地域の先生方のご協力、御指導の下、救急患者様の診療、重症患者様の救命に一層力を入れ、地域の救急医療に貢献したいとスタッフ一同考えています。何卒よろしくお願いします。

診療スタッフ

部長 稲垣 伸洋
主な資格 医学博士
日本救急医学会救急科指導医・専門医
日本集中治療医学会専門医
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本高気圧環境・潜水医学会専門医
日本医師会認定産業医
インフェクションコントロールドクター
日本体育協会公認スポーツドクター
日本DMAT隊員
専門分野 外傷学
災害医療
副部長 中島 竜太(なかしま りゅうた)
主な資格 日本救急医学会救急科専門医
大分DMAT登録医
日本集中治療医学会集中治療専門医
インフェクションコントロールドクター
臨床研修指導医
専門分野 救急医療一般
集中治療
蘇生
Target Temperature Management
医員 林 友和(はやし ともかず)
主な資格 内科認定医
日本救急医学会救急専門医
専門分野 救急医療
内視鏡検査

診療内容および特徴

多発外傷、中毒、重症敗血症(集中治療が必要な症例)、呼吸不全(人工呼吸器が必要な症例)、循環不全、多臓器不全、環境障害(熱中症、低体温症)等の生命に危機がある重症症例の集中治療。各種救急疾患の初療と入院治療、各診療科への引き継ぎ等。

症例数・手術症例数

病院外心停止・重症外傷・重症急性中毒・重症敗血症・重症体温異常・重症意識障害・ショック・多臓器不全
  • 特殊感染症(ガス壊疸、壊死性筋膜炎、破傷風など)
  • 重症急性冠症候群・重症大動脈疾患
  • 重症脳血管障害・重症熱傷・重症消化管出血
※その他の重症病態
(急性呼吸不全・急性循環不全・重症膠炎・急性腹症・内分泌クリーゼ・HUSなど)

平成27年度 救命救急センター診療実績

主な医療設備・検査機器等

   

急速加温輸液・輸血装置(レベル1システム1000)

 

日本光電社製2相性除細動器(体内除細動可能、体表式ペースメーカーを兼ねる)

         
   

人工呼吸器(ドレーゲル社エビータXLS等)

 

人工呼吸器(Servo s)

 

高気圧酸素治療装置

     

血漿交換

血液透析器

CHDF(持続緩徐式血液濾過)
     

ベッドサイドモニタ
PCPS(経皮的心肺補助装置) IABP(大動脈内バルーンパンピング)  

 

患者様者向けはこちら臨床研修医向けはこちら
メールフォーム
アクセスマップ