患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

医療関係者向け

放射線科

ごあいさつ

画像診断、核医学診断、放射線治療、IVR(インターベンショナル ラジオロジー)を行っています。CT検査、MRI検査、シンチグラムはほぼ100%読影を行っています。CT装置は64列マルチスライスCTで、より早くより薄いスライスで撮影ができ、一度の検査で頭部、胸部、腹部の検査が可能になりました。心冠動脈、腹部動脈、四肢動脈が描出でき、スクリーニングや術前検査に有用です。 MRI装置はGE社製1.5T装置 2台で、高画質の撮影ができます。拡散強調像が撮影できるようになり急性期脳梗塞の診断が確実になりました。IVRは肝腫瘍に対し肝動脈化学塞栓療法や外傷に対し緊急angioを行っています。放射線治療は新病院になったときに最新機種に更新され、より精度の高い放射線治療が行えるようになりました。乳房温存療法や前立腺腫瘍の3D-CRTを行っています。

診療スタッフ

放射線部
統括部長
山田 雅文(やまだ まさふみ)
主な資格 日本医学放射線学会専門医
日本核医学会核医学専門医
専門分野 放射線診断、放射線治療
趣味 歩くこと
役職 名前 主な資格 専門分野 趣味
診断部 部長 岡田 文人(おかだ ふみと)      
治療部 部長 矢野 達彦(やの たつひこ)
主な資格 日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
日本医学放射線学会治療専門医
専門分野  
趣味  
役職 名前 主な資格 専門分野 趣味
診断部 部長 岡田 文人(おかだ ふみと)      

診療内容および特徴

フイルム レスになりPACSが導入され読影環境が一変しました。画像はサーバーに送られ、読影端末のコンピーターで読影しています。過去画像(サーバーに保存されているもの)との比較も簡単になり、快適な読影環境になっています。近年画像の量が多くなり、画像の質も向上し、読影量が増えています。 CT検査は約30%が緊急検査で、その日に対応可能です。放射線治療装置はVarian社製Clinac 21EXで、CT画像を使った治療計画が行われ、正常組織への照射線量を低下し病変部により選択的に照射が可能です。

主な医療設備・検査機器等

○1.5T MRI装置2台
○64列CT
○4列CT
○放射線治療装置
○放射線治療計画装置
○ガンマカメラ装置
○血管造影装置
○骨塩測定装置
○フラットパネル撮影装置2台
○フラットパネル透視装置2台

 

患者様者向けはこちら臨床研修医向けはこちら
メールフォーム
アクセスマップ