患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

医療関係者向け

内分泌内科

ごあいさつ

当科で担当する疾患は以下のとおりです。
1) 糖尿病、肥満症、脂質代謝異常、メタボリック症候群、高尿酸血症などの代謝疾患
糖尿病に代表されるこれらの代謝疾患は生活習慣に原因があることが多いですが、この生活習慣の改善がなかなか困難です。当科では医師、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師などスタッフが一体となり、まずは患者さんの生活習慣改善をサポートします。 特に糖尿病については各部門に配置された糖尿病療養指導士が中心となってこれにあたります。薬物療法につきましては、患者様と話合いの上で状態に合わせた各種経口血糖降下薬、インスリン療法を含めた適切な血糖降下療法をご提案します。合併症の検査を各種実施し、その進行に合わせた治療を他科の先生と連携しておこないます。

2) ホルモン分泌臓器に異常を認める内分泌疾患     
(視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、膵臓、卵巣、睾丸など)
これら内分泌疾患の多くは元来見逃されやすい疾患で、全身倦怠感や食欲不振などの一般的な愁訴や、電解質異常など血液検査や心電図異常などをきっかけに診断されることもあります。また、肥満や糖代謝異常、高血圧症の原因疾患としてクッシング症候群や末端肥大症、原発性アルドステロン症などが新たに診断される症例も近年増加しています。各種ホルモン値の異常や上記疾患を疑う所見ありましたらご相談ください。

診療スタッフ

部長 葛城 功(かつらぎ いさお)
主な資格 日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
医学博士
Total Nutrition Therapy認定医
大分県医師臨床研修指導医
大分県小児糖尿病サマーキャンプ実行責任者
専門分野 糖尿病
糖尿病性腎症
趣味 読書(推理小説)、競馬、麻雀
役職 名前 主な資格 専門分野 趣味
医員 豊岡 郁子(とよおか いくこ)     読書

診療内容および特徴

1)糖尿病、肥満症、脂質代謝異常、メタボリック症候群、高尿酸血症などの代謝疾患  
まずは生活習慣の改善に重点を置きますが、コントロール困難な場合は内因性インスリン分泌を評価の上、病態に合せた各種薬物療法をご提案します。必要に応じてインスリン療法も行いますが、こちらも患者様が無理なく継続できることを最大限考慮して設定します。また肥満合併糖尿病を中心に、従来のインスリン注射に替わりGLP−1製剤の使用もおこなっています。
糖尿病については短期から2週間までの教育入院プログラムを実施しています。また、肥満症については大分大学総合第一内科肥満グループの治療技法を取入れ、グラフ化体重日記や咀嚼法など行動療法を中心とした減量を実施していますので併せてせてご相談ください。

2)ホルモン分泌臓器に異常を認める内分泌疾患  
外来のホルモン基礎値の異常のみでは診断困難な場合も多数あります。CTやMRIなどの画像診断と並行し外来で可能な各種負荷試験を実施し、診断困難な場合は入院での精密検査を実施します。ホルモン分泌低下に対しては各種適切なホルモン補充療法を開始します。内分泌腫瘍に起因した分泌過剰の場合は外科的治療を第一に、外科、脳神経外科、泌尿器科と連携して治療にあたります。

診療実績

■平成25年1月1日〜平成25年12月31日

【入院患者数】
糖尿病血糖コントロール・糖尿病合併症精査加療目的
1型糖尿病 15名、2型 137名(うち高血糖昏睡 10名)
低血糖 9名、肥満症 12名
副腎・下垂体疾患 2名、甲状腺疾患 6名
電解質異常 8名、その他 15名

【他科入院中 当科管理患者数 】
血糖コントロール 251名
(うちステロイド糖尿病 16名、妊婦高血糖 9名、低血糖 4名)
甲状腺疾患 20名、副腎・下垂体疾患 7名
電解質異常 7名、その他 5名
患者様者向けはこちら臨床研修医向けはこちら
メールフォーム
アクセスマップ