血科

血科について

アルメイダ病院の輸血科はどこにあるかご存知でしょうか。

病院1階で採血などをする中央処置室のさらに奥にある検査室の一部として機能しています。輸血科は、医師と検査技師が主なスタッフですが、皆さんが直接に診察を受けるような診療科ではありません。しかし、皆さんが輸血をするときには必ず関わっています。

1970年代までは、輸血が必要であれば近所の方や親戚などが病院に呼ばれて血液型検査を行い、それで受血者(輸血を受ける方)と適合であれば採血しそのまま輸血されていました。しかし、これにより肝炎ウイルスをはじめとする様々な感染症が受血者に発生し問題となりました。

そこで“より安全で適正な”輸血が求められようになり、1980年代後半に全国の赤十字血液センターが機能し始め献血が推進されてきました。そのおかげで現在では病院で受けるほとんどの輸血は献血血液です。それと共に“より安全な輸血”のために、① 献血者への問診を強化し、病原体の混入のリスクを軽減、② 献血に対する病原体の検査の導入がなされ今や日本は世界で最も安全な輸血を行っている国と言えます。

アルメイダ病院で輸血を受ける患者さんにも安心して安全な輸血を受けていただくようにするのが私たち輸血科の責任です。具体的には、血液型の検査から、赤血球・血小板輸血製剤がその患者さんに適合しているかどうか、適切に輸血が行われているかどうかについて検査・管理をしています。

療スタッフ

輸血科長
小野 敬司(おの けいじ)
主な資格 日本血液学会専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本感染症学会専門医・指導医
役職 名前 主な資格 専門分野 趣味
臨床検査部係長 佐藤 まゆみ 日本輸血・細胞学会認定輸血検査技師    
臨床検査部 関 恵美 日本輸血・細胞学会認定輸血検査技師    
臨床検査部 結城 孝子 日本輸血・細胞学会認定輸血検査技師    

療実績

平成25年度のアルメイダ病院における輸血実績は、

①赤血球製剤 4480単位(200ml献血由来が1単位です)
②血小板製剤 7060単位
③新鮮凍結血漿 2517単位
となっています。

使用実績は年々増加傾向にありましたが、不必要な輸血の削減に取り組み、今年度はいずれも前年度より減少させることができました。
また、自己血輸血や自家末梢血幹細胞移植も適宜行っています。
2ヵ月に1回は輸血診療員会を開催し、輸血を行う上での問題点や輸血実施手順書の作成など行っています。

大分市大宇宮崎1509-2tel:097-569-3121 fax:097-568-0743

メールフォームはこちら

電車

JR敷戸駅より 徒歩15分 JR大分駅より タクシー 20分

バス

宮崎バス停より 徒歩 3分

自動車

高速道路より→光吉ICをおりて車で10分
大分中心街から→JR大分駅より10号線を走り、車で20分

アルメイダ病院

大分市大宇宮崎1509-2